失業保険のもらい方

失業保険の受給資格

失業保険とは、失業中の生活を心配しないで新しい仕事探しに専念して、一日も早く再就職してもらうために支給されるものです。会社を辞めてからすぐに再就職先が決まれば問題ないですが、なかなかそうもいかないもの。そこで役に立つのが失業保険です。では、どのような人が失業保険をもらえる資格があるのか?条件としては...

» 続きを読む

失業保険でもらえる金額※失業保険をより多くもらう方法

失業保険でもらるえる一般的な失業給付を「基本手当」といいます。基本手当でもらえる金額は、年齢や勤続年数によって大きく違ってきます。計算の方法は@賃金日額=退職前6ヶ月間の給料の合計(ボーナスは除く)を180で割った額A基本手当日額=この賃金日額の60〜80%(高齢者で収入の多い人の場合は50%の場合...

» 続きを読む

失業保険をもらえる日数

@一般受給資格者の場合(自己都合、定年、契約期間満了等による場合)10年未満10年以上20年未満20年以上全年齢共通90日120日150日A特定受給資格者の場合(倒産、解雇等により再就職の準備をする時間がなく離職した場合)被保険者であった期間1年未満1年以上5年未満5年以上10年未満10年以上20年...

» 続きを読む

すぐに失業保険をもらう技

自己都合で会社を辞めた場合は3ヶ月間の給付制限というのがつきます。結果的には手続きをした4ヶ月も先にやっと最初の失業保険がもらえるということになります。これはかなり痛いことで、3ヶ月間もじっとしていられないし、お金もないから、「こうなったら、どこでもいいから早く就職先を捜そう」ということになるです。...

» 続きを読む

有給休暇は消化しよう

退職時期をきめたら、今度は自分の有給があと何日残っているのかを確認しましょう。もし、今まで有給を全然使ってないなんて人がいたら、使わないで辞めるなんてこんなにもったいない話はないです。正直、退職することを上司に話すこと自体が言いづらいもので、有給のことなんて言い出せないと思うかもしれません。しかし、...

» 続きを読む

失業保険をもらう手続き

失業保険をもらうには失業保険をもらうための手続きをしなくてはいけません。離職票が届いたら、急いで自宅の住所を管轄しているハローワークに行きましょう。その時に必要なものは、雇用保険被保険者証離職票印鑑(認め印でOK)住民票もしくは運転免許証証明写真(3×2.5センチ)貯金通帳の6点です。ハローワークに...

» 続きを読む

失業保険とアルバイト

失業保険の給付を受けている間は、アルバイトをすることが禁止と思っている人が多いようです。しかし、アルバイトが完全に禁止なのではなくハローワークに申告しないでアルバイトをするのは禁止、が正解です。実際、失業中に就職活動に専念できるための貯金もなくアルバイトせざるを得ないという人がいてもおかしくないです...

» 続きを読む

失業保険と扶養

扶養とは収入が一定額以下の者を養う者に対して税金の一部を引いたり、健康保険料などの社会保険料の支払いを免除する制度 のことをいいます。健康保険・年金の扶養 社会保険の扶養認定基準と、国民年金の第3号被保険者の認定基準については、年間収入が130万円未満であることが条件となってます。ですので、失業保険...

» 続きを読む

結婚退職と引越し

結婚と引越しですぐに失業保険をもらう失業保険は、正当な理由が無く自己の都合により退職した場合は、3ヶ月間の待機期間があります。この正当な理由の基準の中には「結婚に伴う住所の移転のため、事業所への通勤が不可能又は困難となったことにより退職した場合(退職から住所の移転までの間がおおむね1ヶ月以内であるこ...

» 続きを読む

失業保険の延長について

まず、延長とは、もらえる期間が延長ということではありません。ここで説明する延長とは、受給期間という決められた期間を延期してもらうことです。通常、受給期間というのは退職日の翌日から1年以内と決められています。でも、人によってはしばらく求職活動ができないなんて人もいます。そのような場合には申請することで...

» 続きを読む