人気の転職サイト(登録無料)

失業保険でもらえる金額

失業保険でもらるえる一般的な失業給付を「基本手当」といいます。
基本手当でもらえる金額は、年齢や勤続年数によって大きく違ってきます。

 

計算の方法は、

@賃金日額=退職前6ヶ月間の給料の合計(ボーナスは除く)を180で割った額
A基本手当日額=この賃金日額の60〜80%(高齢者で収入の多い人の場合は50%の場合もある)
Bもらえる基本手当ての総額=賃金日額×所定給付日数

 

簡単に言うと会社でもらっていた給料を1日当たりの平均額に換算して、その6〜8割ということです。
ただし、基本手当日額は年齢別に上限額があります。
この上限は毎年変更があるので、都度確認する必要があります。

≫すぐに失業保険をもらう技

失業保険の金額をより多くもらう方法

辞める前の6か月間はとくかく稼ぐ!

失業給付の金額は人によって違います。退職する前の6か月間の給料から日額の賃金の平均を出し、その日額賃金の5割から8割が失業手当として支払われるからです。このことを知っていると、失業保険の金額を計算してみたら少なくてがっかり、ということにならないようちょっとした裏技を使うことができます。

 

失業給付の支払い日額をアップするには、退職直前の6か月間の手取り給料を増やしておくことです。これなら6か月間の給料合計から算出する平均賃金がアップしますので失業給付の基本手当額もアップするという仕組みなのです。

 

 

退職直前の6か月間に残業や休日出勤を多くしておけば残業や時間外勤務の手当が付きますから給料の手取額が多くなり失業給付の手当も多くなるのです。毎月の手取り給料の額が同じであっても、離職前の最後の6か月間に残業をめいっぱいしたかしなかったかで失業保険をもらう時になるとその給付される金額にバカにできないくらいの差が出てきます。

 

失業保険を多くもらい、雇用保険で損しないためには会社を辞める前の6か月間はめいっぱい働いて給料を多くしておく、と覚えておきましょう。

 

失業保険をたくさんもらうための退職日の決め方

失業保険でもらえる金額は会社を辞める前の6か月の給料の合計を出してそこから180日の平均賃金を日額で求め、その平均日額賃金によって決められます。よって、退職する直前の6か月間の給料のトータルが多ければ多いほど失業保険としてもらえる金額もアップするという仕組みです。

 

そのため、失業保険で得するためには離職前の6か月間は残業などをめいっぱいするのがポイントです。とはいえ、忙しくもない時期に残業や休日出勤をしまくるのはどうかと思われます。退職前の引継ぎなどがあるにしても、社会人の常識として定時の時間内に済ませるのが一般的なのでそうそう残業はできません。

 

でも、雇用保険で損しないためにはちゃんとワザがあります。それは、退職日を決める時に退職前の半年に繁忙シーズンが来るようにすることです。こうしておけば、退職前の半年に同僚の顰蹙もかうことなく残業とか休日出勤をたくさんして手取りの給料を増やすことができますし、失業保険もたくさんもらえるのでいいことばかりです。

 

 

もちろん、繁忙期の真っ最中に退職ということですと社会人として無責任な人になってしまいますので、繁忙期が済んで会社内が一段落する頃に退職日を設定しておく心使いは必要です。

 

会社の繁忙期を利用して離職前の6か月間はめいっぱい働いてから辞める、と覚えておかれるとよいでしょう。

≫すぐに失業保険をもらう技

良質な求人を探す技

質の良い求人はどこで探せばいいの?

失業保険の申し込みをした後に、ハローワークで求人検索をすると思いますが、ハローワークで求人検索をすると、質の良い求人は、なかなか見つかりません。

 

それはハローワークの求人に企業側が掲載することが無料だからです。
その分掲載企業の質も落ちてしまうのです。

 

掲載料金が無料なので、どんな企業でも掲載できるのでハローワークの求人は量が多いのですが、その分、お金が無い会社や、本気度が少ない会社でも求人を出すことができてしまいます。

 


「ハロワの求人票が実際と異なる」苦情1万2000件
低い賃金、違う仕事内容・勤務地、社保未加入など

 

ハローワークに求人が多い理由もそこにあって、無料なので多くの会社が求人を出しているのです。

 

ではどこの質の良い求人が眠っているのかというと、掲載するのに100万円単位でお金がかかる「大手の転職サイトの中」です。

 

大手転職サイトを利用してみるとよくわかると思いますが、大手の転職サイトは掲載料が高いため、掲載企業の本気度が高いです。
経営状態の良い会社や、本気で募集を考えている会社でないと求人を出せないのです。

 

大手転職サイトは、各社で非公開求人が違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしていますが、転職サイトの最大手「リクルートエージェント」は必ず登録をしておくと良いでしょう。≫リクルートエージェント公式サイト

 

理由は、保有している非公開求人が圧倒的に多いからです。
ご利用は、もちろん無料です。

 

大手転職サイト(無料)
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1 リクルートエージェント
入社前に10万件の口コミで企業の評判や社内事情がわかる キャリコネ
年収診断からマッチした求人を紹介してくれるMIIDAS(ミーダス)

 

※女性の転職に強い求人サイト →女性の転職ならリクルート

 

非公開求人を教えてもらおう!
大手転職サイトには、申し込みが殺到しすぎて担当者が困らないように非公開としている求人があります。
大手転職サイトに登録をするとそれらの求人を検索することができたり、教えてもらえたりします。

 

以下の3つの転職サイトは代表的な大手3社なのでおすすめです。
登録から全て無料なのでご安心を!

 

大手転職サイト(登録無料)
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1 リクルートエージェント
完全無料!リクルートエージェント。圧倒的な求人数と転職成功ノウハウ。プロが転職をフルサポート・求人の90%は非公開求人【転職成功実績No.1】

 

入社前に10万件の口コミで企業の評判や社内事情がわかる キャリコネ
入社前に企業の社風や収入面、裏事情的や社内事情などのクチコミがわかる転職サイト。転職活動の際に口コミ情報がチェックできる役立ちサイトです。

 

年収診断からマッチした求人を紹介してくれるMIIDAS(ミーダス)
自分の学歴・職歴・保有資格などをただ機械的に入力するだけで、それらの情報にフィットした求人数や相場の平均年収を教えてくれます。

 

また、専門職の求人には、その職種専用の転職サイトを利用しましょう。
≫ 保育士の求人情報
≫ 介護・福祉の求人情報
≫ 看護師の求人情報
≫ 薬剤師の求人情報
≫ 医師の求人情報

 

それらの中から同じように3社くらいに登録をしておきましょう!

 

≫リクルートエージェントだけは面倒でも登録を!(無料)

人気のコンテンツ

すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など

良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」
それは探す場所が違うからです!質の良い求人はこちら!

無料で活用できる大手転職サイト
各サイトで保有している非公開求人が異なるので最低でも3サイト以上の「転職支援サービス」の併用をオススメしています。