失業保険をもらえる日数

@一般受給資格者の場合(自己都合、定年、契約期間満了等による場合)

  10年未満 10年以上20年未満 20年以上
全年齢共通 90日 120日 150日

 

A特定受給資格者の場合(倒産、解雇等により再就職の準備をする時間がなく離職した場合)

  被保険者であった期間
  1年未満 1年以上

5年未満

5年以上

10年未満

10年以上

20年未満

20年以上
30歳未満 90日 90日 120日 180日  
30歳以上35歳未満 90日 180日 210日 240日
35歳以上45歳未満 90日 180日 240日 270日
45歳以上60歳未満 180日 240日 270日 330日
60歳以上65歳未満 150日 180日 210日 240日

 

B就職困難な受給資格者の場合(身体障害者等)

  被保険者であった期間
  1年未満 1年以上
45歳未満 150日 300日
45歳以上65歳未満 360日

 

ここで注目は、@の一般受給資格者の場合は勤続年数が6ヶ月でも9年と11ヶ月の人ても、所定給付日数は同じということです。

 

また、Aの特定受給資格者の場合は30歳以上45歳未満で5年未満の場合は90日ですが、5年以上になると一気に倍の180日になります。その他の年齢でも5年は境目になります。

 

ですので、あともう少しで5年以上になるという方は退職の時期を慎重に見極めることが大切です。

≫次のページへ進む

人気のコンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!