失業保険の得するもらい方

@失業保険を早くもらう方法

失業保険は、申請をしてから「3か月間の給付制限」というのが付いて、実際には申請をしてから4か月後にやっと受け取ることが出来ます。

 

「申請してから」という部分が重要で、「会社を辞めてから」ではありません。
まずは、素早い行動が重要です!

 

ハローワークに申請を急ごう!
まず必要なことは、最寄りのハローワークに申請をすることです。
その時には、「離職票、印鑑、写真、普通預金通帳、マイナンバー確認証明書、本人確認証明書」が必要です。「離職票」は以前、勤めていた会社からもらいます。
≫失業保険をもらう手続き

 

更に、「失業保険を早くもらう技」というのがあります。
もちろん合法的な方法で、これを知っていると知らないとでは失業生活に大きな差が出ます。
≫すぐに失業保険をもらう技

 

A失業保険を多くもらう方法

失業保険の給付期間は2倍も長くもらう方法もあります。
「辞める前にどれだけ残業したか」、「いつ辞めたか」などが重要になってきます。
詳しくは「失業保険でもらえる金額」というページに書いてあります。
≫失業保険でもらえる金額

 

このように、このサイトでは「失業保険に役立つ情報」がたくさん掲載してあります。
一日でも早く、多く、失業保険をもらい、転職に成功できることを願っています!

人気のコンテンツ

良質な求人を探す技

「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」
それは探す場所が違うからです!質の良い求人はこちら!

 

無料で活用できる大手転職サイト

各サイトで保有している非公開求人が異なるので最低でも3サイト以上の「転職支援サービス」の併用をオススメしています。

失業保険(基本編)

失業保険の受給資格

@離職の日以前の2年間に雇用保険に加入していた期間が満12ヶ月以上であること。
A離職日からさかのぼって1ヶ月ごとに区切った期間に、賃金の支払いの基礎となった日数が11日以上ある月が12ヶ月以上あること。

≫続きを読む

 

失業保険をもらう手続き

失業保険をもらうには失業保険をもらうための手続きをしなくてはいけません。
離職票が届いたら、急いで自宅の住所を管轄しているハローワークに行きましょう。
その時に必要なものは、

≫続きを読む

 

失業保険でもらえる金額

失業保険でもらるえる一般的な失業給付を「基本手当」といいます。
基本手当でもらえる金額は、年齢や勤続年数によって大きく違ってきます。
計算の方法は

≫続きを読む

 

失業保険をもらえる日数

@一般受給資格者の場合(自己都合、定年、契約期間満了等による場合)

  10年未満 10年以上20年未満 20年以上
全年齢共通 90日 120日 150日

≫続きを読む

 

失業保険とアルバイト

失業保険の給付金を受け取るためにハローワークに行って手続きをすると、求職の申し込みなどをして必要書類を提出後に失業の認定がされます。このような流れになっているので、失業保険の給付を受けている間は就労すること、アルバイトも含めて禁止と思っている人が多いようです。

≫続きを読む

 

再就職手当を申請しよう!

失業保険には申請後に3か月の給付制限期間というものがありますが、この制限期間や受給開始後に新しい就職先が決まった場合には就職の前日で給付が打ち切りになります。しかし、再就職の時期その他について条件を満たしていれば再就職手当がもらえる場合があります。

≫続きを読む

失業保険(応用編)

すぐに失業保険をもらう技

自己都合で会社を辞めた場合は3ヶ月間の給付制限というのがつきます。
結果的には手続きをした4ヶ月も先にやっと最初の失業保険がもらえるということになります。

≫続きを読む

ハローワーク 転職編

質の良い求人はどこで探せばいいの?

失業保険の申し込みをした後は、ハローワークで求人検索をすると思いますが、ハローワークにも特徴があります。

≫続きを読む

人気のコンテンツ

良質な求人を探す技

「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」
それは探す場所が違うからです!質の良い求人はこちら!

 

無料で活用できる大手転職サイト

各サイトで保有している非公開求人が異なるので最低でも3サイト以上の「転職支援サービス」の併用をオススメしています。