人気の転職サイト(登録無料)

すぐに失業保険をもらう技

自己都合で会社を辞めた場合は3ヶ月間の給付制限というのがつきます。
結果的には手続きをした4ヶ月も先にやっと最初の失業保険がもらえるということになります。

 

これはかなり痛いことで、3ヶ月間もじっとしていられないし、お金もないから、「こうなったら、どこでもいいから早く就職先を捜そう」ということになるです。

 

このサイトの目的は「失業保険をフル活用して 転職・独立、再就職に成功する」ですから、まずはここを乗り切らないと意味がないのです。

≫良質な求人を探す技

 

@辞める最後の3ヶ月間は、残業時間を毎月45時間以上をキープ
これが一番簡単な技で、すぐに失業保険がもらえます。しかも残業なんて誰しもがだいたい普通に45時間くらいはしているものです。ここで重要なのは残業したという証明を確保すること。

 

例えば、タイムカード。それがないなんていう会社は残業代が載っている給与明細。
考えられるのはだいたいこの二つです。

 

<補足説明>
法的には給付制限を受けなくて済む「以下の理由により離職を余儀なくされた者」というのがあります。
以下の理由とはたくさんあるのですが、その中のひとつに 離職の直前3ヶ月間に「労基法第36条弟1項の協定で定める労働時間の延長の限度基準」に規定する時間を超える残業が行われたために離職した者 というのがあります。

 

つまり、そんなに残業があったら、誰だって会社を辞めるよという基準が1ヶ月45時間以上の残業と定められているのです。
会社からは自己都合として退職しても問題ありませんが、ハローワークでの退職理由は残業が多すぎたためとしてください。

「労働時間の延長の限度基準」が拡大しました。
改正前
・辞める最後の3ヶ月間が、残業時間を毎月45時間以上を超えた
改正後
・辞めるまでの6ヶ月のうちで、3ヶ月以上連続して残業時間が45時間以上を超えた
・辞めるまでの6ヶ月のうちで、残業時間が100時間を超えた
・辞めるまでの6ヶ月のうちで、連続した2ヶ月の平均残業時間が80時間を超えた

≫良質な求人を探す技

 

A職業訓練校に通う
地方公共団体が運営している職業訓練校というのがあって、ハローワークを通じて入学すれば、たとえ自己都合であってもすぐに失業保険がもらえるのです。しかも、授業料タダで勉強ができるんだから、一石二鳥です。

 

B会社都合で辞める
・倒産または事業の縮小・廃止で会社を辞めなくてはいけなくなった場合 
・事業所の移転・廃止により通勤困難となった場合
・解雇による場合(自分に責任がある重大な理由がある場合はダメ)リストラなど
・求人内容と労働条件が違ったために辞めた場合
・継続して2ヶ月以上給料の支払いがなかったために辞めた場合
・給料が一定額以上低下したために辞めた場合
・上司・同僚などから著しい冷遇もしは嫌がらせを受けたためにやめた場合
などなど

 

C正当な理由による離職
「被保険者期間が6ヶ月(離職前1年間)以上12ヶ月(離職前2年間)未満であって、正当な理由のある自己都合により離職した者」というのがあります。
例えば、「正当な理由」とは、
・父もしくは母の死亡、疾病、扶養のため離職を余儀なくされた場合など家庭の事情が急変した場合
・妊娠・出産・育児等により離職し、受給期間延長措置を受けたものの場合
・配偶者または扶養親族と別居生活を続けることが困難となったことによる離職の場合
などなど

良質な求人を探す技

質の良い求人はどこで探せばいいの?

失業保険の申し込みをした後に、ハローワークで求人検索をすると思いますが、ハローワークで求人検索をすると、質の良い求人は、なかなか見つかりません。

 

それはハローワークの求人に企業側が掲載することが無料だからです。
その分掲載企業の質も落ちてしまうのです。

 

掲載料金が無料なので、どんな企業でも掲載できるのでハローワークの求人は量が多いのですが、その分、お金が無い会社や、本気度が少ない会社でも求人を出すことができてしまいます。

 


「ハロワの求人票が実際と異なる」苦情1万2000件
低い賃金、違う仕事内容・勤務地、社保未加入など

 

ハローワークに求人が多い理由もそこにあって、無料なので多くの会社が求人を出しているのです。

 

ではどこの質の良い求人が眠っているのかというと、掲載するのに100万円単位でお金がかかる「大手の転職サイトの中」です。

 

大手転職サイトを利用してみるとよくわかると思いますが、大手の転職サイトは掲載料が高いため、掲載企業の本気度が高いです。
経営状態の良い会社や、本気で募集を考えている会社でないと求人を出せないのです。

 

大手転職サイトは、各社で非公開求人が違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしていますが、転職サイトの最大手「リクルートエージェント」は必ず登録をしておくと良いでしょう。≫リクルートエージェント公式サイト

 

理由は、保有している非公開求人が圧倒的に多いからです。
ご利用は、もちろん無料です。

 

大手転職サイト(無料)
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1 リクルートエージェント
入社前に10万件の口コミで企業の評判や社内事情がわかる キャリコネ
年収診断からマッチした求人を紹介してくれるMIIDAS(ミーダス)

 

※女性の転職に強い求人サイト →女性の転職ならリクルート

 

非公開求人を教えてもらおう!
大手転職サイトには、申し込みが殺到しすぎて担当者が困らないように非公開としている求人があります。
大手転職サイトに登録をするとそれらの求人を検索することができたり、教えてもらえたりします。

 

以下の3つの転職サイトは代表的な大手3社なのでおすすめです。
登録から全て無料なのでご安心を!

 

大手転職サイト(登録無料)
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1 リクルートエージェント
完全無料!リクルートエージェント。圧倒的な求人数と転職成功ノウハウ。プロが転職をフルサポート・求人の90%は非公開求人【転職成功実績No.1】

 

入社前に10万件の口コミで企業の評判や社内事情がわかる キャリコネ
入社前に企業の社風や収入面、裏事情的や社内事情などのクチコミがわかる転職サイト。転職活動の際に口コミ情報がチェックできる役立ちサイトです。

 

年収診断からマッチした求人を紹介してくれるMIIDAS(ミーダス)
自分の学歴・職歴・保有資格などをただ機械的に入力するだけで、それらの情報にフィットした求人数や相場の平均年収を教えてくれます。

 

また、専門職の求人には、その職種専用の転職サイトを利用しましょう。
≫ 保育士の求人情報
≫ 介護・福祉の求人情報
≫ 看護師の求人情報
≫ 薬剤師の求人情報
≫ 医師の求人情報

 

それらの中から同じように3社くらいに登録をしておきましょう!

 

≫リクルートエージェントだけは面倒でも登録を!(無料)

人気のコンテンツ

無料で活用できる大手転職サイト

各サイトで保有している非公開求人が異なるので最低でも2サイト以上の「転職支援サービス」の併用をオススメしています。