失業保険の得するもらい方

辞める前の6か月間はとくかく稼ぐ!

会社を辞めた時にもらえる失業保険は、雇用保険の失業手当というものにあたります。次の仕事を探すまでの間この失業保険があれば心強いのですが、実際にいくらくらいもらえるかというのが大変気になるところです。せっかく雇用保険に加入していたのですから、できるだけ多くもらいたいものです。失業給付の金額は人によって...

» 続きを読む

失業保険をたくさんもらうための退職日の決め方

失業保険でもらえる金額は会社を辞める前の6か月の給料の合計を出してそこから180日の平均賃金を日額で求め、その平均日額賃金によって決められます。よって、退職する直前の6か月間の給料のトータルが多ければ多いほど失業保険としてもらえる金額もアップするという仕組みです。そのため、失業保険で得するためには離...

» 続きを読む

失業保険給付中のアルバイト

雇失業保険を受け取るためには、必要な書類を整えて自分の住所地のハローワークの窓口で手続きしなければなりません。失業保険は退職すると自動的にもらえるものではなく、自分で手続きして初めて受給できるものなので注意が必要です。失業保険の給付金を受け取るためにハローワークに行って手続きをすると、求職の申し込み...

» 続きを読む

アルバイトはしっかりと申告したほうが得!

失業保険は失業中の人に給付される手当てなのでアルバイトをしたりすると受給できないと思っている人が多いようです。しかし、失業保険をもらっている間でもアルバイトをすることはできます。失業保険の受給中にしてはいけないのは「無断でアルバイトをすること」です。失業保険の給付金は一括ではなく分割で支払われる仕組...

» 続きを読む

再就職手当を申請しよう!

無収入になる失業期間中に活用したい失業保険、いくらぐらい、また何日間くらいもらえるのかが大変気になるところです。失業手当の支給金額、また給付日数は、退職する直前の6か月間にもらっていた給料の金額と退職した時の年齢、退職の理由、勤続年数などにより変わりますのでひとりひとり違います。また失業保険には申請...

» 続きを読む

海外留学でも失業保険をもらう!

会社を辞めるには人それぞれ理由がありますが、退職理由の上位にあがるのが海外留学です。特に女性の場合に多く、留学するために今まで働いてきた、また、頑張ってきた自分へのプレゼントとして海外留学をする、という人は少なくありません。さて、雇用保険に加入していて所定の条件を満たしていると、会社を辞めた時に失業...

» 続きを読む

ボーナスは支給日前でも受け取れる?

求人の数は一年を通じて同じではありません。求人が多くなるのは、一年のうちでは1月と7月と言われています。これはポーナス支給の関係です。6月と12月のボーナスをもらってから退職する人が多いわけです。次の仕事が決まっている場合は別として、これから転職活動をする人ならば少しでも多くのお金が手元に欲しいのは...

» 続きを読む

就業規則のボーナスの条件を確認しよう

ボーナスをもらってから辞める人が圧倒的に多いため、1月と7月は中途採用の求人の数がぐっと増えます。早く退職したくても、ボーナスをもらうまで我慢してからやめた方が得なので6月と12月で退職する人が多いのは当然といえるでしょう。しかし、ボーナスはまだ先、この会社にいるのはもう限界というケースも少なくない...

» 続きを読む

有給休暇を退職前にしっかりと使う!

有給休暇は、労働基準法で明確に定められている従業員の権利です。具体的には、6か月以上勤務していて8割以上の労働日に出勤していると一年間に10日以上の有給休暇が支給されることになっています。しかし、現実には有給休暇を取る権利は非常に微妙な位置づけになっていることが多いようです。それは、一言で言えば有給...

» 続きを読む

退職金制度と就業規則

退職したら退職金を何に使おうかと楽しみにしている人は多いはずです。しかし、退職金がもらえるかどうかはそれぞれの会社によって違います。会社を辞める人に退職金を支払うことは法律で定められているわけではなく、退職金の支払い制度はそれぞれの会社が独自に決めている制度だからです。実際、たとえば3年以下など勤続...

» 続きを読む

退職金の確定申告は会社でしてもらおう

勤続年数などによって金額は変わりますが、仕事を辞める時には退職金を貰える事があります。ただこのお金に関しては、全額自分の物になるかと言ったらそうではなく、所得税と住民税が課税されます。基本的に、退職金を受け取ったら翌年に確定申告をしなければいけません。確定申告とは毎年2月16日から3月15日まで行わ...

» 続きを読む

所得の控除で税金を安く!

税金の種類は様々ありますが、中でも所得税は身近な税金です。会社に勤めている人なら通常は毎月の給料から源泉徴収されていますが、一年間の所得全部が課税の対象になっているわけではありません。所得税の仕組みとして、個人個人の事情を考慮して事情次第で税の負担が少なくなるようになっています。例えば、扶養家族が何...

» 続きを読む