ボーナスは支給日前でも受け取れる?

求人の数は一年を通じて同じではありません。求人が多くなるのは、一年のうちでは1月と7月と言われています。これはポーナス支給の関係です。6月と12月のボーナスをもらってから退職する人が多いわけです。

 

次の仕事が決まっている場合は別として、これから転職活動をする人ならば少しでも多くのお金が手元に欲しいのは当然です。ボーナスがもらえるのであれば少し辛抱して勤め、ボーナス後に退職するのが得であるのはいうまでもありません。

 

しかし、次のボーナスまでまだ長くしかも一刻も早く退職したいと考えているケースもあるはずです。こんな時には、本来のボーナスの一部でも支給日前にもらうことができないかを確認してみる必要があります。

 

ボーナスとは今までの労働に対する報酬と今後の奨励の意味合いを持ちます。一般的に夏と冬に支給されますが、夏のボーナスの対象期間は12月から5月、冬のボーナスの対象期間が6月から11月とされているケースが多くなっています。これを考えると、そのボーナスの対象期間中に期間の3分の2以上勤務していれば報酬としてボーナスを支給されてもおかしくない、という理論が成り立つわけです。

 


これを知っていると、ボーナスの時期を待ち、もらってから辞めた結果転職の絶好のチャンスを逃してしまった、とか、ボーナスは惜しいけれどこれ以上勤務するのが耐えられないのでボーナスは諦めて退職するといったことが避けられるかもしれません。

≫次のページへ進む

人気のコンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!