退職後の健康保険と年金について

国民健康保険に加入?任意継続?

国民皆保険制度を導入している日本では、全ての国民が医療保険に加入しています。具体的には、全国民が健康保険または国民健康保険のどちらかに加入しているはずです。会社に勤めていれば通常健康保険に加入しているので、健康保険組合が交付した健康保険証がもらえてこの保険証を提示すれば医療機関で保険診療が受けられる...

» 続きを読む

退職したら健康保険の手続きを!

病気やケガで病院に行くときには、健康保険証を提示して保険診療を受けるのが一般的です。日本では皆保険制度が採用されていますので、国民は全員健康保険に加入しています。健康保険には国民健康保険と健康保険があります。国民健康保険は自治体が管轄するもので、自営業者や無職の人が主に加入していて保険料を自治体に納...

» 続きを読む

退職後の健康保険、比較ポイントは保険料

退職すると健康保険から脱退しますので、国民健康保険に加入するかまたは健康保険に継続するかのいずれかの手続きをとらなければなりません。ここで、健康保険に任意継続するか国民健康保険に加入するかの比較をすることになります。国民健康保険も健康保険の任意継続も、保険料については原則として全額本人負担になります...

» 続きを読む

病気やケガでの退職は傷病手当金制度をチェック!

退職の理由は人それぞれですが、病気やケガのために退職しなければならないケースもあります。健康保険には傷病手当金という制度があるので、病気やケガにより働けない状態にあったり会社を辞めた時には要チェックです。この傷病手当金の制度は、健康保険の被保険者が病気やケガが原因で会社を休んでいる期間に会社から充分...

» 続きを読む

傷病手当金の適用条件

健康保険には傷病手当金という制度があります。この制度は、病気やけがで就業できない期間に手当金が支給されるものです。傷病手当金の適用には条件があります。まず、健康保険の制度ですから健康保険の被保険者であることが前提です。そして、病気やケガのために仕事を休まなければならない期間が3日以上になった場合に4...

» 続きを読む

会社を辞めたら、すぐに国民年金に加入しよう

会社を辞めると年金の手続きも必要になります。というのは、年金制度は国民年金と厚生年金または共済年金からなっていて、会社員や主婦、学生など職業や収入の有無に関係なく20歳以上の国民は全員国民年金に加入することになっているからです。サラリーマンは国民年金にプラスして厚生年金に、公務員は共済年金に加入して...

» 続きを読む

年金の払い込みが厳しい時には

年金制度の被保険者には種類があります。第1号被保険者・第2号被保険者・第3号被保険者といい、いずれも基礎年金つまり国民年金をベースに成り立つ制度です。第1号被保険者は国民年金保険に加入している自営業の人や学生・それに失業中の人で、保険料は月々自分で納付しています。第2号被保険者はいわゆる勤め人の人で...

» 続きを読む

会社を辞めたら、確定申告を!

国民には納税の義務があります。税金の種類は実にいろいろありますが、所得税もそのひとつです。所得税は、会社に勤めていると通常は毎月のお給料からあらかじめ天引きされているはずです。この所得税の源泉徴収は、実は年間を通じたみなしの収入で設定されて徴収されているのです。そのため、年末が近づいてきてその年一年...

» 続きを読む

年末調整か、確定申告か

所得税は毎月のお給料から天引きされて徴収されていますが、この所得税の源泉徴収額は年間を通じた収入を仮定して決められています。つまり、1年間これだけの収入があるとみなした上で計算されているということですこのため、年度の途中で会社を辞めるとその年度内に収入のない期間が発生しますから所得税は納めすぎている...

» 続きを読む