病気やケガでの退職は傷病手当金制度をチェック!

退職の理由は人それぞれですが、病気やケガのために退職しなければならないケースもあります。健康保険には傷病手当金という制度があるので、病気やケガにより働けない状態にあったり会社を辞めた時には要チェックです。

 

 

この傷病手当金の制度は、健康保険の被保険者が病気やケガが原因で会社を休んでいる期間に会社から充分な報酬がもらえない場合に手当金が支給される制度です。また、病気やケガのために休職している被保険者に対して、「辞めた方がいいのでは?」などと会社側がいわゆるリストラをもちかけてくるようなことも考えられます。こんな時に健康保険で損をしないためにも、傷病手当金の概要はぜひチェックしてきたいものです。

 

傷病手当金が支給されるためには条件があります。
まず、健康保険の被保険者であること、その被保険者が病気やケガを理由に働けない日が3日以上続いている時に4日目から支給されます。ただし、その間に会社から充分な報酬がもらえない人が対象なので、傷病手当金を超えた報酬がある場合は支給対象外です。

 

また傷病手当金の支給額は、1日あたり標準報酬日額の6割が基本です。病気やケガで休職中は1日あたりこの金額が支払われますが、会社からの報酬金額によっては傷病手当金が減額されたり支給されないこともあります。まとめてみると、病気やケガで会社を休んだことで報酬が充分でなかった場合は健康保険の制度でカバーが可能ということです。

 

さらにこの傷病手当金は、病気やケガで働けないままに退職した人にも適用されます。退職前から傷病手当金の受給資格を満たしていた人については、働けないまま退職した後も続けて傷病手当金をもらう資格があるのです。傷病手当金は、病気やケガで働くことができなければ退職してからも支給開始から最長で1年6か月受給できるので安心です。退職後の健康保険の保険料は支払う必要がないので、保険利用タダで傷病手当金がもらえるというわけです。

 

ただし、健康保険自体は脱退してしまいますので、退職後の医療保険として国民健康保険への加入は必要です。

≫次のページへ進む

人気コンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!