会社を辞めたら、確定申告を!

国民には納税の義務があります。税金の種類は実にいろいろありますが、所得税もそのひとつです。

 

所得税は、会社に勤めていると通常は毎月のお給料からあらかじめ天引きされているはずです。この所得税の源泉徴収は、実は年間を通じたみなしの収入で設定されて徴収されているのです。そのため、年末が近づいてきてその年一年間の所得がはっきりした時に、支払った保険料や住宅などのローンを所得から控除するなどして税金の徴収額を再度計算し、みなしの収入を元にして支払いすぎていた税金の還付を受けるための手続きがあります。

 

 

この、税金の還付を受けるための手続きがいわゆる年末調整です。会社に勤めているとこの年末調整の手続きは会社がやってくれるので、ローンや保険料の払込証明書などの必要な書類を年末調整のための用紙に添付して提出すれば払い過ぎた税金が計算されて還付を受けることができます。税金の還付金は年末調整として給料にプラスされて支払われるはずです。

 

しかし、会社を辞めてしまうと、この税金の手続きも自分でしなければなりません。とりわけ、会社を辞めると年末調整が大きく関わってきます。みなしの収入で所得税を年度初めより収めているわけですから、途中で会社を辞めれば収入が少なくなるため税金を還付してもらわなければなりません。

 

この税金の還付金は自動で振り込まれるものではなく、申請しなければそのままになってしまいます。会社を辞めたら、年末調整に代わる確定申告をしないと税金で損をしてしまうことになります。

≫次のページへ進む

人気コンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!