国民年金を払おう

会社を辞めると国民年金の請求が来ます。驚くのが、請求額の高さです。
失業期間中はただでさえ生活が苦しいのに、そのうえそれだけのお金を毎月払うなんて無理なんてこ人もいるでしょう。(法的には許されてませんが)
しかし、注意したいのは25年以上加入していないと将来年金がもらえないことと、万が一その間に事故で障害者になっても障害基礎年金がもらえなかったり、本人が死ぬと残された妻子に遺族年金がもらえるといった得点が得られないことです。
国民年金は将来的にもらえる額がマイナスになる一方ということが問題になっているので、払わないなんて人が結構いますが、やがて必ず訪れる長い老後の収入確保のためには我慢して払っておいたほうがいいでしょう。
ちなみにどうしても払えないときは“全額免除”もしくは“半額免除”の簡単な申請さえすれば10年前までさかのぼって払い込み(追納)が出来ます。なんの申請をしていない場合は2年前までです。

人気のコンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!