求人情報の見方

求人広告で代表的なものには、ハローワークの求人票、新聞の求人広告、折り込み求人チラシ、就職情報誌、インターネットでの求人があります。それぞれの求人広告の傾向を知っておくといいでしょう。

 

ハローワークの求人情報
ハローワークに登録されている求人のほとんどは、従業員100人以下の中小企業ですから、 給料や休日、福利厚生などの条件・待遇面では大手に比べれば見劣りしがちです。
ですが、とにかく情報量が多いので目を通しておいたほうがいいでしょう。
中には自分に合ったよい求人情報も必ずあります。

 

新聞の求人広告
夕刊紙やスポーツ紙の求人はガテン系が多く、朝日、毎日、読売などの一般紙にはホワイトカラーが多いといった職種の違いがあります。募集企業の信用度も一般紙のほうが高いと言っていいでしょう。

 

折り込み求人チラシ
よい点としては地域密着性が強く、地元での募集情報が掲載されていることです。ただし、チラシによって掲載されている情報に差があり、ヤバ目の会社も掲載されているので注意が必要です。

 

就職情報誌
こちらも折り込みチラシと同じように地域密着という強みと 、雑誌によって差があります。ただし、最近の雑誌は質の高いものが多く、掲載量も豊富なのでよい会社がみつかることもあります。

 

インターネットでの求人
多くの情報の中から、勤務地、職種、条件などを簡単に絞り込むことができ、大手の転職サイトであれば、掲載にもかなり高額の費用がかかるので、お金がない会社というのは少ないといえます。

≫次のページへ進む

人気のコンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!