職務経歴書と履歴書の違い

就職活動では履歴書が必ず必要になります。中途採用の転職活動ですと、履歴書に加えて職務経歴書という書類の提出が求められることがよくあります。

 

履歴書にも職歴を書く欄がありますので、職務経歴書の書き方には迷ってしまうという人が多いかもしれません。しかし、職務経歴書はこれまでの職務経験を書き出すもので転職活動を成功させるキーともいえる重要な書類なのです。

 

履歴書と違って、職務経歴書には決まった形というものはありません。用紙2、3枚程度にまとめるのが一般的で、会社名や部署などしか記入することができない履歴書の職歴欄と違って仕事の内容の詳細や経験、どんなキャリアを積んできたか、発揮してきたスキルなどをアピールすることができます。

 

仮に求人情報において必要書類が履歴書だけになっていても、職務経歴書はぜひ添えたいものです。中途採用の求人では現場において即戦力となることがまず求められますし、社会人としてのキャリアをそれなりに積んでいることが前提で採用されるわけですから応募してきた人が前の職場で積んできた経験やそれが現場でどう生かされるかについては採用側は当然着目するからです。

 

仮に今回応募する会社とこれまでの職歴に直接的なつながりがなくても、職務経歴書での自己アピール次第では新しい仕事で自分をこれだけ生かせると印象づけることが可能です

 

自由に作成できる分、書類作成能力やプレゼン能力が問われるのも職務経歴書の特色です。履歴書は丁寧にきれいな字で記入すればよいのですが、レイアウトなどの点でも職務経歴書は自分をアピールする重要なツールであるといえます。

人気コンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!