退職の時期を考えるためのポイント

退職を思いつくケースは人によって様々ですが、大きく分けると、以前から退職を計画した場合と、その会社で自分にとって嫌なことなどがあり思い立って突然退職をするという場合の2つがあります。

 

どちらのケースにも言えることは退職というのは勇気がいるもので、その後の人生を左右する分岐点にもなるということです。転職に成功するためには、退職の時期を考えるためのポイントを押さえておきましょう。

 

貯蓄はどれぐらいあるか、失業給付や退職金はあるのか、引き継ぎなどでいつまで通勤しないといけないのか、求人が多い時期なのか。こういった点を押さえながら、計画的に転職活動を進めていくことが大切です。会社で嫌なことがあってすぐに辞めたいと思ってしまったとしても、我慢できるレベルの状況であれば、次の転職先のあてを見つけてから退職手続きに入ることをおすすめします。

 

ただ、前職の仕事を続けながら次の転職先を見つける時間がないという方もいると思います。なかなか難しいかもしれませんが、インターネットの転職サイトを上手に活用して効率的に進めていくことが重要です。

 

また転職の求人情報をインターネットで調べる時に注意してほしいのは、1つのサイトに掲載されている情報をそのまま鵜呑みにしてはいけないということです。間違いの情報ではないと思われますが、いろんなサイトの情報源と比較してみることによって、違った印象を受けることもあります。総合的に情報収集をしていきましょう。

 

情報収集の後、就職したい企業が見つかった場合、注意深くいろんな角度で検討をしますが、長く勤める企業として自分自身に合っているのか、その企業の将来性はどうなのか、といった点を再検討することもおすすめします。

 

入社して自分が思い描いていた会社とは違ったからすぐに辞めて、次を探してすぐ辞めて、という繰り返しはそう簡単にできません。少ない情報で前職の仕事をしながら次の仕事を探して決めることは大変ですが、雑に考えないで丁寧に検討しましょう。

 

希望の職場を見つけるといよいよその会社にアプローチを開始します。このアプローチの方法には書類選考と面接があります。書類を送り、その返答が遅い企業もありますが焦らず一社一社丁寧に書類を送ることをおすすめします。就職活動は自由に行えますので、書類や面接は1社だけでなく同時に複数社に送ることも試されるとよいでしょう。

 

この書類選考や面接では、志望動機など必ず聞かれることや書かされる内容がありますので、一社一社の事情を踏まえて丁寧に応対していくことがポイントになります。

 

このように退職を決めてから、情報収集、求人応募、書類選考・面接、内定まで長いようで短い道のりですが、あきらめず1つ1つ丁寧に希望を持って取り組むことが大切です。

人気のコンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!