コネ・関係者からの紹介を活用する!

面接、特に自己PRで左右される就職・転職。希望する会社の人と人間関係を築けるか、具体的には会社役員や面接官の興味を惹けるかが鍵です。

 

就職・転職活動は、企業側からすれば「この応募者が本当に我が社に入りたいのか、入ったとしても本当に会社のために働く気があるのか」という事を気にしています。すなわち、会社にとって有益な人材でなければ雇ってはもらえません。

 

そこで応募者側には「会社のことを知るために行動しているか」が求められるのですが、それをアピールしやすいのが「コネ・関係者からの紹介」です。多くの企業はとにかく即戦力になるような人材を欲していて、人材を獲得する為に求人広告を出したり、会社の説明会を開いたりしています。

 

また、なるべくコストを削減したいとも思っていますので、優秀な人材が安く獲得できるコネや人脈は企業側も利用しているのが現状です。

 

就職・転職希望者が、「自分はこういう仕事がしたい」という意志を信頼できる知り合いなどに示しておけば、希望者の能力や人柄をよく知っている人がおすすめの仕事を紹介してくれることもあります。

 

会社側・転職希望者側の両方の内実を知っている人が紹介するわけですから、会社・転職者、双方にとって結果がより良いものになる可能性が高いです。良質な人間関係を築いていれば、それだけでも仕事に就けるチャンスが巡ってくるのです。

≫次のページへ進む

人気のコンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!