新聞を活用する!

転職活動に踏み切り求人に関する情報を集め始めたら、情報源を使いこなして効率よく情報をゲットすることがいい転職をするキーポイントになります。転職に関する情報は膨大ですから、手当たり次第にあたっていくやり方は決して得策ではなくむしろ時間と手間それに体力をムダ使いすることになってしまいます。

 

効率よく転職情報を集めるためには、自分のこだわり条件をきちんと把握して「これだけは絶対に譲れない条件」「まあ妥協できる条件」「気にしない条件」といった具合に優先順位をはっきりさせておくのも有効です。絶対に譲れない条件に沿う求人情報から先にチェックしていけばよいからです。

 

また、新聞や就職情報誌など各社ある情報源の特徴や傾向を把握できていると情報収集がとてもしやすくなります。特に新聞は転職情報を集めるのに不可欠なツールですが、新聞によりやはりそれぞれ特徴があります。

 

新聞には一週間を通じて求人情報が掲載されますが、全国紙の場合は日・月曜日の朝刊に多くの求人が掲載されます。また、新聞社ごとに多く掲載される傾向のある業種や職種があります。マスコミの求人は○○新聞に多く載り、サービス業なら○○新聞、○○新聞は金融系の求人が多い、といった具合です。また夕刊紙にはサービス業や営業系の求人が比較的多く掲載されますし、外資系の企業や語学関連の求人に絞って情報収集をしたいということであれば英字新聞が近道かもしれません。

 

インターネットで情報を集める時には、キーワードが足りないと膨大な情報の絞り込みがされず必要な情報になかなかたどりつけないということがよくあります。転職情報を探すのも同じで、新聞の特徴をよく知って自分が情報を探している業種に合わせて新聞を選択して活用するのもひとつの方法であるといえます。

≫次のページへ進む

人気コンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!