出産育児一時金をもらおう!

出産と育児に関する手当てのひとつに「出産育児一時金」があります。この「出産育児一時金」は健康保険から支給される手当てです。ワーキングママは通常会社で健康保険に加入していますから、健康保険からこの「出産育児一時金」を受け取ることができます。金額は42万円です。

 

この「出産育児一時金」、働いていない女性や仕事を辞めた女性はもらえないかというとそうではありません。退職して国民健康保険に加入していれば、国民健康保険からやはり一時金の支給を受けることができます。国民健康保険は各市区町村が管轄する制度なので自治体により支給される金額はやや異なりますが、一般的には健康保険と同じく42万円が支給されます。

 

また、健康保険の加入者である夫の妻が被保険者になっている場合は「配偶者出産育児一時金」としてやはり健康保険から42万円が支給されます。ここで、共働きで夫婦ともそれぞれが健康保険に加入している場合は出産した本人である妻の加入する健康保険から手当てが支払われます。双方から支給されることはありません。

 

つまり、本人も夫も健康保険・国民健康保険に加入していないというケースをのぞけば出産した女性はほとんどの人が「出産育児一時金」をもらう資格があるということです。
また、この「出産育児一時金」は生まれた赤ちゃんひとりあたりに支給されるものなので双子であれば84万円、三つ子ならば126万円が支給されます。

 

異常がない分娩は病気の扱いにはならないため、健康保険の適用にならず費用は全て自費の扱いになります。出産にかかる費用は大体35万円から50万円前後と言われていますので、この「出産育児金」は出産費用の大きな助けになるはずです。

≫次のページへ進む

人気のコンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!