仕事をしながら活動するか、辞めてから活動するか

仕事をしながら転職活動するか、辞めてから転職活動するか、どちらの方がよいのでしょうか?

 

それは人それぞれの置かれている環境によって変わります。どちらが正解であるということはありません。

 

仕事をして給料をもらうのが今の生活の支えになっているのであれば、仕事を続けながら転職活動をしたほうがよいでしょう。

 

前の会社で1年以上の雇用保険を掛けていれば退職して3カ月待機をすると失業保険がもらえますので、家計に少し余裕があるのであれば仕事を辞めてから余裕を持って転職活動をするという方法もあります。

 

あえてどちらかをおすすめするとすれば、退職せずに転職活動を始められることをおすすめします。その理由として、転職活動がすぐに終わる方とそうでない方がいるからです。
例えば、転職活動を始めて転職したいと思った会社を2社見つけてどちらを選ぶか迷っているというケースがあるとします。転職の求人が少ないと言われる時代に2つの求人があるというのは嬉しいことですが、優柔不断になって決められずに転職活動が長引いてしまうということもあります。

 

また、すぐに転職先が見つかると甘く思っていて、ふたを開けると履歴書を送っても面接までいかずに結果的には転職活動が長期戦になってしまったということもあります。

 

仕事を続けながら転職活動をするのは大変な面もありますが、給料があるのはやはり安心です。インターネットを活用すれば限られた時間のなかで効率よく進めることもできるので、仕事をしながら転職活動をされるのがよいのではないでしょうか。

人気コンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!