やりたい仕事ができない原因について考える

転職をする時にはその理由をよく考えてみなければなりません。職場の環境や仕事の内容など、転職を考える理由は人それぞれですが、転職をすることで今よりも幸せになれなければその転職はいい転職とはいえません。

 

やりたい仕事がある、というのは転職の理由の上位にあがるものですが、その仕事をこなすために求められる能力と実際の自分のレベルに差がある場合は注意が必要です。
つまり「好き」で「やりたい」仕事があっても、向き不向きという現実から目をそむけて気合だけは充分に転職活動に踏み切ってもいい結果が得られるとは限らないということです。

 

日本では長らく終身雇用制が定着していましたが、最近ではそれも崩壊しつつあり企業のニーズに沿わない人には厳しい現実があります。一例として、アメリカ社会はもらう給料分の仕事ができない人は1か月と会社にはいられない厳しい社会ですが、日本も決して例外ではなくなってきているということです。仕事に対する情熱は大切ですが、この「好き」いう気持ちだけで転職活動をしても成果の出せる人材でなければ結果は厳しいと言わざるを得ません

 

いい転職をして自分のやりたい仕事につくためには、まずやりたい仕事ができない原因について考えてみます。

原因には、資格など能力が不足している・PR不足・会社の環境などが考えられますが、すぐ転職に踏み切るのではなく改善策や自分に努力の余地がないかどうかを考えてみます。

 

能力が足りないのであればスキルアップに取り組み、異動希望などで自分をPRすることも必要です。職場環境についても自分の努力で変えられることがないかどうかを考えてみます。

 

あらゆる努力をしてみて、それでもやはり転職が最善の方法であるならそれから行動をしても決して遅くはないはずです。

≫次のページへ進む

人気のコンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!