転職の目的とは

転職の目的はただひとつ、今よりも幸せを手に入れることです。これはつまり、今よりも幸せになれる仕事に就くことです。

 

自分が幸せになれる仕事がはっきりしたら、ではどうして今現在その仕事に就くことができないのかを考えてみます。転職する理由の上位に「やりたい仕事があるから」というものがあがりますが、そのやりたい仕事ができない原因が会社をはじめ環境ではなく案外自分の中にある可能性もあります。もしそうであれば、転職して別の仕事に就いたとしてもまた同じ気持ちになりふたたび転職しなくてはならないことになってしまいます。つまり、やりたい仕事ができない要因が自分にある限りは転職するのが最善であるとは言えません。

 

よくあるケースが「上司が自分を正当に評価していない」「同僚のメンバーが自分に合わない」「会社がわかってない」など不平・不満のはけ口を転職に求めることです。不平や不満だけで転職活動をしてもよい転職ができる可能性は低いです。

 

転職で幸せになるためには、まず、自分の希望する仕事ができない理由を分析してみる必要があります。

 

分析の方法は簡単です。最初に自分がやりたい仕事を明確にして書き出し、次にその仕事に就くために必要なキャリアや資格を書き出して比較すればよいのです。この方法で自己分析をすることで、希望する仕事に必要な能力と現在の自分のレベルとのギャップが浮き彫りになり、すなわちそれがやりたい仕事ができない原因に他なりません。

 

このギャップがわかったら、一番最初にやるべきことはギャップを埋めるための努力をすることです。

≫次のページへ進む

人気コンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!