自己紹介と志望動機

転職活動でも当然面接があります。この面接ですが、新卒者を採用する時と中途採用では問われるポイントが異なります。

 

新卒の採用では明るい性格や積極性・これからいろいろな物を吸収していけそうだというその人の可能性などが採用の決め手になることもありますが、中途採用に応募するケースではそうはいきません。中途採用者は既に社会人としての経験がありますし、年齢的にも新卒で採用した人に比べて当然上ですから給与も高めです。

 

ですから企業として中途採用者に求めるものは、現場で即戦力になれること、教育コストをかけなくても戦力になれることです。これから輝きを放つ原石ではなく、既に輝いている人材を求めているということです。

 

そこで、採用する企業側としては中途採用に応募してきた人に対する面接では「これまでの仕事の経歴」と「この会社を志望した理由」が主になってきます。この2点は、つまりは「採用されたらどんな仕事ができるのか、またやっていきたいのか」を問われることです。このふたつの点については、おそらく全ての企業で質問をしてくると思っていて間違いないはずです。

 

ですから、転職の理由もはっきりしていよいよ転職活動に踏み出した時にはこのふたつの質問にどのくらい応えられるか整理しておかなければなりません。どんなに気合が入っていても「あらゆる可能性に挑戦したい」といった曖昧な志望動機は、新卒ならまだしも中途採用ではまず通用しないと思っておかなければなりません。

 

ではどうすればいいのかというと、転職活動では自己分析が重要なポイントです。まず何のために転職をするのか、この問いに対して今よりも幸せになるためであるという答えが出ていれば、自分が本当に今よりも幸せになれる仕事を探すはずですしこの転職が最善であるかどうかもあらためて確認できるはずです。

 

こうして自己を分析していくと、面接で必ず問われる自己紹介と志望動機についての質問に対する答が自然と見えてくるはずです。

≫次のページへ進む

人気のコンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!