良い転職のための自己分析

転職にも、よい転職とそうでない転職があります。よい転職とはどういった転職かというと、今よりももっと自分が幸せになれる仕事に就くことです。転職をして環境が変われば、当然メリットもデメリットもあるはずです。やりたい仕事には就けたけれど会社が遠くなったとか、休みは増えたが給料はダウンした、などです。こうしたメリット・デメリットを総合的に見て前よりも幸せと感じられるのであればそれはよい転職に成功した例だせと言えます。

 

逆に、再就職先は見つかったけれどもこんなはずではなかったとか、この転職はしないほうがよかった等と思うのであればその転職はよい転職だったとは言いがたいものです。

 

思っていたイメージと実際の仕事内容が違うということで転職するケースはたくさんありますが、何となく違うという漠然とした理由で転職してしまうのは危険です。仮に新しい就職先が決まったとしても、またしばらくすると「やっぱりここも違っていた」という同じ気持ちが起こって再び転職をすることになる可能性も充分あるからです。これでは、転職する前と比べて幸せになったとは言えず、転職そのものもいい転職だったとはいえなくなってしまいます。

 

よい転職活動をし、しかも成功するために不可欠なもの、それが自己分析です。社会人としての経験を積んでいるのに今さら、と思うかもしれませんが、この自己分析が転職の成功を左右する大きなキーになります。

 

新卒で就職活動をした時に持っていたイメージと現在の自分のおかれている状況が違うというのはよくあります。例えば、自分の社交的で外交的な性格をアピールして営業の仕事で採用されたが営業には不向きなのではないかと感じるなどです。

 

こういったケースでも、じっくり自己分析をしてみることで営業の何が自分に向いていないのか、また逆にどんなタイプの営業なら向いているのかが見えてくるかもしれません。単に「営業は向いていない」という形で営業職そのものを転職活動から切り離してしまうのは決して得にはならないはずです。今の仕事の何が原因で自分は幸せになれていないのか、どこがどう変われば今より幸せを感じることができるのかをじっくり分析してみることで自分が本当に幸せになれる仕事が見えてくるからです。

 

知り尽くしているようで、案外わかっていないのが自分自身かもしれません。幸せになれる仕事を見つける前に、自己分析で自分を知るのがよい転職のベースになります。

≫次のページへ進む

人気のコンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!