妊娠してすぐに退職は損をする

妊娠したら仕事をどうしようかと考える女性は大勢います。通勤のために満員電車に乗るのが大変とか、託児所やベビーサポートの利用料金がばかにならないなど理由は人によっていろいろです。

 

しかし、もちろん妊娠したことによる体調が最優先ではありますが、仕事を持つ女性が出産した時に支給される手当ては結構いろいろありますので子供ができてすぐに退職というのは場合によっては損してしまうこともあります。妊娠の経過や体調に問題がなければ、出産や育児に関わる制度や手当てについて調べてから退職しても決して遅くはありません。

 

出産した人や育児をする人を対象に国から支給される手当ての種類はいくつかあります。でも、妊娠してからすぐに退職してしまうと受け取れる手当ての種類が少なくなってしまいます。

 

最低限の手当てしかもらえないということです。妊娠してからもがんばって働き続けたり、またちょっと工夫するだけでもらえる手当ての種類が増えてもらえる金額に数十万円の違いが出るなんてこともあるのです。ですから、妊娠してもすぐには会社を辞めないのが健康保険や出産で損をしてしまわないコツだと言えます。

 

大変な出産と育児をするのですから、国や健康保険からのご褒美はできるだけたくさんもらえるようにしましょう。

≫次のページへ進む

人気のコンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!