転職に欠かせない3要素

転職においては、現在の不満の解消を目的にするだけではうまくいかない可能性が高いということを忘れてはなりません。

不満はどこの会社でもあるものですし、もし転職してもまた「他に良い会社はないだろうか」ということにもなりかねないからです。

 

不満を整理してみて、その結果「自分はこういう仕事がしたい」ということであればそれが転職の本当の理由です。ただ、やりたい仕事があるからという理由で仮に転職に成功しても、ハッピーな部分だけではないということは忘れてはなりません。

 

マイナスの現状について認識する
希望の仕事に就いたけれど給料は下がった・勤続年数という点では退職金などに圧倒的な不利がある・前職のキャリアが通用しないなどマイナスの現状については転職に踏み切る前に認識しておかなければなりません。

 

健康管理がきちんとできること
次に、健康であることも転職活動、特に自分にとっての良い転職をするための必須条件です。療養中で、前職退職後に失業保険手当てを受給しているのであれば、条件によっては給付の延長制度も利用できるので治療や休養に専念し、健康状態に自信が持ててから就職活動に入っても決して遅くはないはずです。現在健康状態に問題がない人も、もちろん自分の健康管理がきちんとできることが転職を成功させるカギになることは変わりありません。

 

家族の理解
また家族の理解を得ておくことも忘れてはならない転職成功のキーポイントです。家族に理解してもらい、協力を得られてはじめて良い転職活動に専念できるからです。万が一家族の賛成が得られなかった時に自分の心が揺らぐようであれば、もう一度最初から考えをまとめなおす必要があるといえます。

≫次のページへ進む

人気のコンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!