自己PRの考え方

新卒で採用する人材と中途採用の人材では、採用する企業が求めるものが異なります。中途採用者は社会人としてのキャリアを積んでいますから、新人からスタートラインに立って教育していく必要がある新卒での採用者と比べて即戦力となってくれることが当然求められます。

 

特に不況や就職難と呼ばれる今のような時代においては、教育コストが少なく現場に立ったときに即戦力になってくれるであろう中途採用の人材の企業が注目する傾向が強くなってきます。実際、中途採用者を好待遇している企業や新卒での採用枠を少なくしてその分中途採用者の枠を拡大している企業も目立ちます。

 

このような時代の恩恵を存分に受けるためには、転職する身として「自分のやりたい仕事」や「自分はこんな仕事ができる」といったビジョンが明確になっていなければなりません。

 

新卒にしても中途採用にしても就職活動を進める中では自己PRが重要ですが、即戦力を期待する企業にしてみれば「この会社に採用されたら、自分はこれだけの仕事をすることができる」「こういう仕事をどうしてもやりたい」といった明確な意思を持っている人が当然歓迎されるからです。

 

優秀な人材はヘッドハンティングなどでどんどん流出してしまう現代、優秀な人材には会社としても地位ややりがいを与えていかなければ生き残ることはできません。これを見越して転職活動では自己PRをするべきです。

≫次のページへ進む

人気のコンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!