転職における資格の重要性は?

現在は就職するには大変厳しい時代と言われています。資格があれば就職に有利、とばかりに資格の取得を目指す人が大勢いて資格取得は一種の社会現象とも言えそうです。この背景には厚生労働省が行う教育訓練給付制度があり、資格ブームは今後も続きそうです。

 

自分の時間を作って資格取得を目指すのは大変有意義なことです。しかし、資格さえ取れば失業から抜け出せるか、また転職がスムーズにできるかというと、必ずしもそうではありません。また、就職先が決まらない理由がその人に資格がないからというケースは案外少ないものです。

 

つまり、ヘルパーなどに代表される国家資格は別として、資格があるかないかが採用の合否に関係してくることはほとんどないのです。資格の有無がものを言うとしたら「○○の資格がある方優遇」程度で、最終面接で甲乙つけがたい応募者が残った時に資格を持っている人の方がやや有利になる程度と考えておいてよいでしょう。

 

転職活動をしている人は中途採用の求人に応募することになりますが、採用する企業側にとって、中途で採用する人材に求めるものは新卒で採用する人材とは当然違ったものがあるはずです。
中途採用において企業が求めるのは、社会人としての経験を生かして現場で即戦力になれるかどうかということです。

 

年齢からしても中途採用者の給与は高めになりますし、それなりの仕事がすぐにこなせるかどうかということが企業にとっては資格を取得しているかどうかよりも重要であるケースがほとんどなのです。

≫次のページへ進む

人気のコンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!