社内転職を考えてみる

「やりたい仕事ができない」というのは多くの人の転職の理由になっていますが、慌てて会社を辞めてしまうのは早すぎます。
今の会社にいる限り自分の希望する仕事は本当にできないのか、やりたい仕事をするための努力はもうし尽くしたかということをもう一度考えてみる必要があるからです。

 

さて現代は、企業が生き残りのためにあらためて「適材適所」に力を入れている時代です。優秀な人材を採用することはもちろんですが、社員ひとりひとりの能力や特性を見極めて適材適所でさらにその能力を高め、ひいては社外においても通用するスキルを身につけなければ生き残ることは難しいとも言われています。

 

こうした背景もあり、最近では多くの企業で社内公募制度が導入されています。この社内公募制度というのは、部署やポストの人材を社内で公募して、そのポストへの異動を希望する社員が応募するというものです。

 

 

転勤希望や異動希望を聴き取り調査することは今までも多くの企業で行われていましたが、この社内公募制度ではもっとダイレクトに社員の希望が重視されますし、より意欲のある人がそのポストに就くことになります。会社にとっては、社員と企業が一体になって成長することを狙った、言ってみれば社内における転職をフォローするシステムです。

 

「やりたい仕事ができないから」という理由で退職・転職を考えている人は、まずは社内での部署やポストの異動で希望している仕事ができないかを考えてみる価値は充分にあります。
社内公募への応募や異動希望提出などの努力をした結果、やはりこの会社では希望がかなわないということであればその時に転職に踏み切っても遅くはないはずです。

≫次のページへ進む

人気のコンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!