自分にしかできない仕事を見つける

転職の理由は人によりいろいろですが「入社する前にイメージしていた会社と違っていた」「今の会社からは何も得る物がない」といった理由をあげる人は大勢います。そんな人は、慌てて会社を辞めてしまう前に考えてほしいことがあります。

 

まず、会社からしてもらう、という受け身的な考え方をしていないかどうか考え直す必要があります。入社前に抱いていたイメージにこだわり続け、社員にやりがいのある仕事を与えてくれるのを待っているということはないでしょうか。現実には、待っていても最高の仕事を用意してくれる会社などはないのです。

 

だからと言って「では他の会社へ」というのは早すぎます。今の会社がイメージと違っていても、努力することで生き生きと働ける可能性はゼロではありません。

 

どんな努力が必要かというと、まずは自分が置かれている会社という組織の中で自分が何ができるのかを考えてみることです。ここで自分が発揮できる能力は何であるかを常に頭の中に置いて日常の業務に取り組むのです。自分が発揮できる能力を見出すとは、つまりは自分にしかできない仕事を見つけるということに他なりません。この能力を見つけた時付加価値が生まれ、付加価値の付いた人は同じ仕事をしていても輝きを放つはずです。

 

会社が何かをしてくれるのを待つのではなく、自分に付加価値を付けるための努力を惜しまずに続けていけば「何かが違う」という気持ちはなくなり、逆に自分自身が変わることができるのです。

≫次のページへ進む

人気コンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!