転職に失敗しないためのコツ

転職を思い立つきっかけは人それぞれですが、イメージしていたのと違う会社に就職してしまったからという人がいます。

 

企業や仕事に対しては人それぞれいろいろなイメージがあります。規模の大きい企業イコール安定、外資系だから得意の英語が生かせそう、女性を対象にした商品を開発しているメーカーなら家庭を持っても女性が仕事を続ける環境が整っているのではないか、などです。こうしたイメージはコミックやドラマなどから受けることが多いのですが、実際はどうかといえばイメージとはかけ離れていることの方が断然多いはずです。

 

優雅なイメージを持っていた会社で日々力仕事のような業務ばかり続く、思っていたより残業がハードでそのわりにお給料が安く上がらない、女性が活躍しているかと思っていたのに結婚すると働き続けるのが肩身の狭い雰囲気があった、などです。よって、イメージだけにこだわって就職先を選ぶと現実との差を知った時「こんなはずではなかった、辞めよう」と転職を考えてしまうことになります。

 

思っていたのと違う、ということで転職に踏み切るわけですが、こういうタイプの人はまたイメージで企業を選んで再び同じ失敗をする可能性があるので注意しなくてはなりません。
自分の働く場所はここではない、自分にぴったり合う会社を探さなくてはという理由で転職を繰り返してしまうパターンです。

 

企業にイメージを持つのは悪いことではないのですが、就職してみて現実との違いに気づいた時にそれを受け入れられないのが危険なのです。イメージばかりが先行してしまうと、思っていた仕事と違うということに気づいた時に現実に自分の心を折り合わせることができません。

 

そこで就職先選びで失敗しないためには、イメージは現実ではないことをまず知らねばなりません。イメージというのは自分が作り上げて、思い込みしているものなのです。これを知った上で、現実の情報をできるだけたくさん収集することです。つまり、自分の作り上げたイメージと現実との間にあるギャップを埋めておく必要があります。

 

そのためには、希望の仕事や業界、また入社を希望する具体的な企業について実際の情報をできるだけたくさん集めることが必要です。
情報収集のための手段はいろいろあります。その企業のホームページや就職関係の情報志、就職相談会などです。こうした情報収集のためのツールをフルに活用し、イメージから一旦離れて情報を集めることが理想と現実のギャップが原因で悩み、結果的に転職に失敗しないためのコツです。

 

前の就職の時にイメージを大切にしていた人は、また同じことを繰り返すかもしれないことを肝に銘じ「現実」視点の情報をできるだけたくさん集めることが良い転職につながります。新卒の時の就職活動にOB訪問というものがありますが、企業説明会や就職ガイダンスなどに積極的に参加した上でできれば現場で働いていると話ができると貴重な情報を得ることができるはずです。

≫次のページへ進む

人気のコンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!