良い転職とは

会社の辞め方にもいろいろあります。もちろん都合はありますが、退職の前に有給休暇をめいっぱい消化したり、失業保険手当の金額が少しでも多くなるように退職前の6か月間に給料が多くなるよう残業をするなど、ちょっとした工夫で退職でも得ができます。

 

さて、得な退職をしたら次は就職活動です。新しい仕事を探すにあたり肝に銘じておきたいことは転職にも良し悪しがあるということです。例えば、新卒で就職活動をした時のことを思い出してみると多くの方が会社の規模、つまり大企業かどうかということや社会における知名度で会社を選んだのではないでしょうか。

 

 

転職では、そんな新卒の時と同じ視点で企業を選んでいては良い転職はできません。
転職活動に必要なのは、やりたい仕事ができるかどうかという尺度です。
これを忘れて、再び知名度などで会社を選ぶと少し経つとまた「どこかいい会社を探したい」という気持ちが起こり結果としてよい転職ができなかったということになってしまいます。

 

退職をし、就職先を探すというのは思っていた以上にエネルギーが必要なものです。悪い転職にエネルギーを費やすより、良い転職に費やしたいと思うのは当然です。そのために最低限心得ておかなければならないのが、大企業へのこだわりを見直す、ということなのです。

 

学生時代の就職活動で企業の待遇や社会的イメージに重点を置いていたことを思い出し、その就職活動が良い就職活動であったかどうかを考えてみるとよいでしょう。

≫次のページへ進む

人気のコンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!