倒産の前兆を見極めよう!

倒産する可能性、それはどこの会社にもあると言っても過言ではありません。ただ急にそうなるように見えますが、実は予兆・前兆というのはあるものです。従って急に倒産するようなイメージがありますが、実はそうではなくてじわじわとその日が迫っているともいえるでしょう。
倒産となった場合、退職金が支払われなかったりする事も有るので、出来るだけ自分に有利な状態で仕事を辞める為にも、その前兆を見極めるのが重要です。

 

 

その一つはボーナスや給料のカットでしょう。景気によってもかなりこの金額が左右されますが、会社自体がまずい状態になっているからカットされるという流れになるのです。もし前年よりもかなりカットされているような事があったら、注意が必要です。

 

また会社が利用している金融機関が変わった場合も注意しましょう。金融機関は融資をしてくれますが、あくまでも返済能力が期待できるところに貸すだけであり、経営が悪化しているところには融資してくれません。金融機関が見切りをつける時期は早く、もうどうしようもなくなるような時には別の金融機関に代わっている事もあるものです。

 

会社自体が金融機関から融資を受けるのはごく一般的な事ですが、その融資を受ける先が変わっていたら、また何回か変わるような事が有ったら注意しましょう。

 

出来るだけ良い条件で仕事を辞める為にも、今会社がどのような状況になっているか、それをしっかりとチェックしておきましょう。そして以前と何かしらの大きな変更点がある場合は注意が必要です。

≫次のページへ進む

人気のコンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!