簡単に退職願を書いたらダメ!

仕事をしていて、急に「会社を辞めて欲しい」と上司に言われた場合どうしますか。またそこまでストレートではなくても、「この仕事には向いていないのではないか」と言われるかもしれません。そういう場合、確かに相手からそう指摘されるのだから自分は会社には必要ない人だという感じで、すぐに辞める事を決めてしまう人がいます。

 

確かに倒産してしまったとか、リストラに遭うというのは会社に勤めている場合あり得る話です。しかし正当な解雇であっても、その期日の30日前に相手に伝えなければいけません。
また即時解雇となる場合は、その場で30日分の解雇予告手当を払う必要が企業側には有るのです。

 

しかし、自分から退職願を書いた場合は、実は会社側の都合として仕事を辞めるのではなくて、自分の都合で仕事を辞める事になってしまいます。
結果的に仕事を辞めるのには変わりないのですが、それによってその後から得られる失業給付金の金額や支給時期が変わってしまう事があるので注意が必要です。

 

 

従って、会社側から仕事を辞めて欲しいという感じで働きかけられたとしても、自分から簡単に退職願を書かないようにしましょう。
そしてあいまいな態度を取っておくのも良くないので、辞める意思がない時はそれをしっかりと会社側に伝えるのが重要です。退職と言われるとどうしてもそのままそれを受け入れてしまう事がありますが、会社側は正当な理由がない限り社員を簡単に辞めさせることはできません。従って、今後の自分の為にも退職願を簡単に書いてしまうのはやめるようにしましょう。

≫次のページへ進む

人気のコンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!