労働基準法に違反していないかチェックしよう!

就業規則の他にも忘れてはならないものがあります。それは、労働に関する法律も確認してみるということです。

 

労働に関する法律はたくさんありますが、いわゆる労働三法のひとつ労働基準法では労働条件の最低水準を定め、また労働条件の向上を図るためのさまざまな規則を定めています。労働基準法では賃金・休暇・労働時間・労働災害における補償内容などについて細かく規定していますので、雇用や賃金、それに解雇に関わる部分を知っているのと知らないのとではいざという時に大きな差が出て大きな損をしてしまうことも充分に考えられます。

 

リストラ通告された時はもちろんですが、残業しても手当てがつかないサービス残業ばかりだから辞めようと考えている人も、その勤務条件が労働基準法に違反していないかどうか、退職届を書く前にチェックすべきです。

≫次のページへ進む

人気コンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!