自己都合か会社都合かは重要!

退職時、自分では深く考えていなくても実は重要ということがあります。それは退職の種類です。雇用保険に加入していると、失業に伴い給付が受けられます。会社都合の場合は、待機期間なしにすぐに給付対象になります。ところが、自己都合の場合、数カ月の待機期間がありその後に支給される仕組みになっています。

 

次の職のあてがあればいいのですが、そうでなければ収入がない不安にかられます。会社都合だと、会社が倒産したならいいけど、会社が存続している場合、クビになった、使いものにならないというイメージがつくのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。昔は一つのところに永く勤めるという形態でしたが、今、働き方は変わってきています。そのため、会社からリストラをいわれたのなら、会社都合にすべきです。

 

企業によっては、「会社都合だと、君の再就職の活動に影響するから自己都合で処理するよ。」と言われることもあるそうです。これは本当に離職者のことを考えている言葉とは限らないのです。会社が助成金を受けられなくなるため、会社視点で言っている言葉かもしれません。もし、会社側から辞めるように言われた場合、会社都合で処理してもらうようにしましょう。そのため、安易に退職届を書いてはいけません。退職届を出してしまうと、自己都合扱い処理されてしまいます。自分が困らないように、こういった知恵はつけておきたいものです。

≫次のページへ進む

人気のコンテンツ
すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など
良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」  それは探す場所が違うからです!質の良い求人が眠っている場所をご紹介!