雇用保険について

雇用保険とは?

会社を辞めると次の仕事を探している間、つまり失業中に国から一定期間一定金額の支給が受けられる制度が雇用保険です。いわゆる失業保険と呼ばれるものは、この雇用保険の失業手当の給付金です。失業給付が受けられると会社を辞めてから次の働き先が決まるまでの間お金の心配は最小限にして就職活動に専念することができま...

» 続きを読む

雇用保険の被保険者になっているか

雇用保険の確認をするにあたり、一番最初にすべきことは自分が雇用保険の被保険者になっているかどうかということです。従業員を雇用している事業所には原則として雇用保険に加入する義務がありますので、通常は正社員として雇われている人であればほとんどのケースで雇用保険の被保険者になっているはずです。とは言っても...

» 続きを読む

失業保険を受給するための条件

失業保険は正式には雇用保険の中の失業手当です。よって、失業保険を受給するためには雇用保険に加入していることが前提にあり、またその加入期間などに受給の条件があります。失業保険を受給するための条件はふたつあります。まずひとつは雇用保険への加入期間および会社の在籍期間、もうひとつは失業状態にあることです。...

» 続きを読む

会社が雇用保険に加入していない場合

正社員で勤めていれば、勤め先の会社は雇用保険に加入していることが大半ですが、中には雇用保険に加入していない会社もあります。しかし、退職する時に勤め先の会社が雇用保険に加入していないということが判明した場合でも救済措置で保険の給付が受けられます。雇用保険にはこのような会社の不法行為に備えたシステムがあ...

» 続きを読む

失業保険の給付開始時期は退職理由で変わる!

失業中、お金の心配をせずに次の仕事を探すことに専念するためには失業給付が頼りになります。よって、失業保険の手当がいつから給付されるのかは大変気になるところです。失業保険の給付がいつから開始になるのかは、退職の理由が自己都合なのか会社の都合でやめたのかによって変わってきます。失業保険の給付を受けるため...

» 続きを読む

自己都合か会社都合かは重要!

退職時、自分では深く考えていなくても実は重要ということがあります。それは退職の種類です。雇用保険に加入していると、失業に伴い給付が受けられます。会社都合の場合は、待機期間なしにすぐに給付対象になります。ところが、自己都合の場合、数カ月の待機期間がありその後に支給される仕組みになっています。次の職のあ...

» 続きを読む

自己都合退職でも給付制限が解除に

会社を辞め、雇用保険の条件に合う人は失業保険を受給できます。失業保険は、次の仕事が見つかるまでの間雇用保険の加入者に一定の金額を支給する国の制度です。お金の心配をすることなく安心して転職活動をするために大いに活用したい制度ですが、自己都合で退職した人が失業保険の受給の手続きをすると給付の制限期間が3...

» 続きを読む

失業保険を給付される日数

退職して失業中は無収入になってしまいます。求職活動をするにしても、新しい働き先が決まるかはわかりませんので失業保険が頼りです。よって、この失業保険がいつまでもらえるのかは大いに気になるところです。失業保険が受給できる期間は、勤続年数と退職の事情によって変わってきます。退職の事情というのは、自己意思を...

» 続きを読む

失業給付が受けられる期間

雇用保険に加入していると退職して失業状態になった時に失業手当を受け取ることができます。失業中に安心して次の仕事を探すことに専念するためにもぜひとも有効活用したい制度です。この失業保険ですが、何日くらい受給できるかは勤続年数によって変わります。例えば10年勤続した人で失業保険の受給資格を満たしていると...

» 続きを読む

失業保険、いくらもらえるの?

雇用保険に加入していて会社を辞めると、失業中に給付金がもらえます。一般的に失業保険と言われているものはこの雇用保険の失業給付です。この失業給付が一体いくらぐらいになるのかというのは非常に気になるところです。何しろ失業給付は、次の仕事が見つかるまでの間大いに頼りにしたいものだからです。特に失業活動に専...

» 続きを読む

自分の失業給付手当てを計算してみよう

会社を辞めると基本的に無収入になりますから、雇用保険から給付される失業手当はフル活用したい制度です。次の就職先が見つかるまでの間、少しでもお金の心配から解放されるために自分がいったいいくら失業保険がもらえるのかは大変気になるところです。失業保険がいくらぐらいになるかは、離職する直前にもらっていた給料...

» 続きを読む

ハローワークで失業保険の手続きを

会社を辞めた時にもらう失業保険は正式には雇用保険の失業給付手当といいます。失業給付を受けるためには、自分で手続きをしなければなりません。受給資格のある人が会社を辞めれば自動的に通帳にお金が振り込まれる仕組みではないので注意が必要です。失業保険の手続きはハローワークでします。ハローワークというのは公共...

» 続きを読む

ハローワークで求職票を作成

失業保険の給付の手続きに必要な書類がそろったらハローワークに出向きます。失業保険の申請をするためにはハローワークで求職の申し込みをすることが必要です。よって、ハローワークでは最初に求職票の記入をします。この求職票はハローワークで求職することを申し込むための書類で、就職先として希望する職種や収入などを...

» 続きを読む

失業給付金をもらう手続き

退職すると会社から渡される雇用保険の被保険者証や離職票、写真などの必要書類をそろえてハローワークの窓口に行き、求職票に記入をすると担当者との簡単な面談があって書類が受理されます。求職票は仕事を探すために登録するための書類で、希望職種や収入などを書くことになります。求職票に記入をして、そろえてきた書類...

» 続きを読む

会社が雇用保険に加入していない!

失業保険は会社を辞めて次の仕事を探している間にもらえる手当てです。この失業手当を受給するには、雇用保険に加入していることが大前提になります。失業手当は雇用保険の中の失業給付手当というものにあたるからです。雇用保険は正社員だけの特権ではなく、アルバイト・パート・または派遣社員として働く場合でも加入する...

» 続きを読む

アルバイト・パートで雇用保険をもらうには

失業保険というのは雇用保険の失業給付手当です。ですから、失業保険を受け取れるのは雇用保険に加入していて、その他の要件を満たす人ということになります。雇用保険は社会保険のひとつで、正社員でなくても適用の条件を満たしていればアルバイトやパート、派遣の人でも加入することが可能な制度です。適用の条件は1週間...

» 続きを読む

アルバイト・パートの雇用保険の加入基準

雇用保険は正社員のための制度だと思っている人が案外多いのですが、雇用保険には適用の基準というものがあってその条件を満たせばアルバイト・パートそれに派遣のスタイルで働く人でも雇用保険に加入することができるのです。よって、アルバイトやパートの身分だから雇用保険や失業保険のことは自分には関係ないと思わずに...

» 続きを読む

アルバイト・パートでも原則として雇用保険に加入

雇用保険は正社員として雇用されている人のためだけの制度と思っている人がいますが、パートやアルバイトそれに契約型の派遣社員のスタイルで働いている人でも雇用保険に加入できるケースがあります。加入できるケースがある、というのは、雇用保険の加入について適用の基準が定められているからです。この基準というのは、...

» 続きを読む